シェアする

ニューヨークの新しいスイーツ、たい焼きソフトクリームを食べてみた

シェアする

ニューヨークにオープンしたばかりのアイスクリーム屋さん、「TaiyakiNYC」に行ってきた。オープンしたばかりなのにインスタグラムで話題になり、連日、行列ができているという人気ぶりである。日本のたい焼き生地の中にソフトクリームが詰まっているという斬新なスイーツを販売している。

taiyakinycの前

taiyakinycの窓

オーナーは中国系アメリカ人らしい。そのお店もニューヨークはマンハッタンのチャイナタウンとリトルイタリーの境目あたり、中国系マフィアとイタリア系マフィアが縄張り争いをしてそうな場所にある。

taiyakinycの店内

taiyakinycの壁

店の中に入ると、なるほど、店内で焼いているらしいたい焼きの匂いが漂っている。狭い店内は流行りに敏感な若者達でごった返している。どうやら注文してから出来上がるまでには少し時間がかかるようだ。

taiyakinycのメニュー

ソフトクリームの味はバニラ、チョコレート、抹茶、黒ゴマの4種類から選べる。たい焼きの中のフィリングはカスタードクリームとアンコのどちらかを選ぶ。さらに上からかけるソース、トッピングを選んで自分の好みにあったたい焼きソフトクリームを注文する。どれでも一つ7ドル(税込み)で、たい焼きでなくカップにソフトクリームだけを入れてもらうと4ドルらしい。

taiyakinycの抹茶ソフト

私が注文したものは抹茶ソフトにアンコ、餅がトッピングされていてストロベリーソースがかかってある。抹茶ソフトクリームは本格的な味で、甘さも控えめ。たい焼きも日本で食べられるような本物のたい焼きである。しかし、アンコは尻尾の方に少しだけ、申し訳程度に入っているだけだった。7ドルはちょっと高過ぎるんじゃないかと思ったが、なかなかのボリュームで十分な満足感が得られた。

TaiyakiNYC
119 Baxter Street, New York, NY 10013

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク